投げの運動をうまくできない子供に「トルネード投げ」(下記参考資料)を是非試しいしただきたいです。

投げる運動は、運動の三要素と言われる走跳投の一翼を担うものですが、小学生など初心者を指導しているとうまく投げるとことが出来ない子供が多くいることに気がつきます。そしてなかなかコツを得ることが出来ない子供もいます。

throw

投げる運動は、足のつま先から手の指先まで使う全身運動です。身体の各部をタイミングよく動かし、さながら弓がしなって矢が飛び出すようにボールを指先から離さなければ遠くに飛ばすことができません。子供の投能力が落ちていますが、この運動の習得は、ハンドボールなど投げるスポーツの中核的技術になるだけでなく、様々な運動へと転移可能な要素を含んでいます。バレーのアタック、テニスやバドミントンなどです。

人間より早く走ったり、跳んだりする動物はいますが、この投げる運動は人間がもっとも上手にできる運動ではないかと思います。バックスイングからフォワードスイングへと身体を捻りながら弓のように使って投げる運動を、是非子供のうちに体得させて、様々なスポーツ・運動を上手に行い、スポーツが好きになってもらいたいです 。

参考資料

ホームページへ