2.モチベーションエクササイズ

 モチベーションエクササイズは,“ボールに慣れ るために“”ボールを使用してのトレーニング“”デ ィフェンスやオフェンスの遊技的トレーニング“ などに用いられるが,練習がマンネリ化したときの気分転換に用いても効果的である。いろいろな バリエーションがあるが,いくつかの例を掲げて おく。
ⓐ1人でできるもの【主に初心者がボールに慣れる練習】
oボールの頭回し
oボールの腰回し
oボールの膝8の宇回し
oボールの股間キャッチ
o股間パス〜キャッチ
o頭上に投げ上げ,手の甲で上にはずませる。
o手の平〜手の甲(指先)交互にボールを乗せる。
o手の甲から指先にボールをころがしキャッチ
o片手ドリブル
 慣れてきた段階で時間内で回数を競わせたり, リレー形式にしたり,変化をもたせてやってみる とよい。初心者でボールがよくつかめない者は, 2号ボールでやってもよいだろう。ハンドポールを初めて手にした者は,その形や大きさのわりに 意外に重いことに驚く。まず,ボールに触れる回数を多くしてその重さに慣れ,しっかり握れるよ うになればしめたものである。
ⓑ2人以上で動きを加えたもの【ボディーバランス,フットワークの要素を含めて】
oドリブル相撲:2人で
oドリブル相撲バトルロイヤル:一定の枠を決め
 てその中で数人
o腰にハチマキをつけて取り合い
o2人組でボールキャッチ(ふりこ)
o2人組アメリカンフットボール(ディフェンス
 とオフェンス)
oゴールキーパー合戦
 いろいろな練習の中でもっとモチベーションエ クササイズが使われ,工夫されたものがあってもよいだろう。例えば,フットワークの中で単純にスタートダッシュやストップターンなど,型どおりのものだけではマンネリ化し,効果は薄くなる。 動機づけをうまく用い,同じ到達目標でも,練習 の工夫で楽しみを含めたものがもっとできるはずである。それぞれの現場で大いに研究し,工夫して用いてほしい。

次のページ